image

管理サービス

管理サービスとは

マンション管理人、ビル受付、電話交換等のビル全体の管理サービスを行う。

 

管理サービスのお仕事内容

マンション管理人は、マンション来訪者のチェック、居住者への案内・取次ぎ、建物・施設設備の「点検」、外注業務・事故災害・消防訓練の「立会い」及び防 犯対策、また、宅配物の預かり、管理組合の理事会・総会への出席を求められることもある。文書配布・点検結果の「報告連絡」等の業務も行う。ビル受付案内 は、ビルの来訪者に対し案内をしたり、ビル内の会社へ取り次ぎ等をする。

 

対応する居住者、使用者、訪問者等に対して接客能力、事故・災害発生時の対応能力が必要となる。さらに、居住者や会社の外部への「顔」となる役割を持ち、 自覚をもって、地域社会や居住者との融和に努めるよう日常から心がけておくことも必要である。はじめてマンション管理人として従事する場合は、各社によっ て異なるが1週間程度の研修があり、その後現場における実習となる。 最近では、各地方自治体において、高齢者雇用開発事業としてマンション管理員コース等が開催されており、これらのコースを修了した後に管理会社との採用面 接会等が開催され、採用されるケースも見られる。

 

管理サービスに求められる経験・能力

対応する居住者、使用者、訪問者等に対して接客能力、事故・災害発生時の対応能力が必要となる。さらに、居住者や会社の外部への「顔」となる役割を持ち、 自覚をもって、地域社会や居住者との融和に努めるよう日常から心がけておくことも必要である。はじめてマンション管理人として従事する場合は、各社によっ て異なるが1週間程度の研修があり、その後現場における実習となる。 最近では、各地方自治体において、高齢者雇用開発事業としてマンション管理員コース等が開催されており、これらのコースを修了した後に管理会社との採用面 接会等が開催され、採用されるケースも見られる。

 

管理サービスで主に必要な資格

管理業務主任者

マンションの管理の適正化の推進に関する法律制定にともないマンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うために設けられた国家資格のひと つである。宅地建物取引主任者が不動産仲介業を営む際に必要なのに対し、管理業務主任者はマンション管理業を営む際に設置が義務付けられる。従って管理業 務主任者はマンション管理業務上、その諸問題に精通していなければならない。

区分所有管理士

区分所有建物の企画・設計・運営等を包括的にマネジメント する役割を果たす為に創設された資格。 社団法人高層住宅管理業協会では、区分所有管理士を、管理業務主任者の上位の資格と位置づけているが、 この資格自体は国家資格でも必置資格でもないことに留意する必要がある。

防火管理者

消防法に基づいて、防火に関する講習会の課程を修了した者等一定の資格を有し、かつ、その防火対象物において防火上必要な業務を適切に遂行できる地位にある者で、防火対象物の管理権原者から選任されて、その防火対象物の防火上の管理を行なう者を言う。