image

衛生管理

建物の環境衛生は、法令により常に快適な水準を維持することが義務づけられており、ビル衛生的環境を保つために、空気調和設備、給排水設備の管理や害虫駆除を行う。

ビルの水源である貯水槽、汚水槽等の点検・補修、清掃等の給排水設備の衛生管理、ゴキブリ・クモ・ネズミ等の害虫防除といった、健康に直接影響する業務であり定期的に行い、建築物の衛生的環境の継続的なレベルアップを図る。

建築物環境衛生管理技術者は、建築物の維持・管理を担当する技術者(建物衛生法)規定により、延べ面積が3,000㎡(学校は8,000㎡)以上のビルでは、技術者の選任 が義務づけられている。建築物環境衛生管理技術者になるには、国家資格が必要とされる。この資格を取得すると、技術の証明として評価され、一人前の管理者として認められる。衛生的で快適な環境づくりを支え、健康を支える仕事となるため、真面目に一生懸命取り組む姿勢が重要。

建築物環境衛生管理技術者
建築物の環境衛生の維持管理に関する監督等を行う国家資格である。通称ビル管理技術者と呼ばれる。建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に基づいて、面積3000m2以上(の特定建築物において選任義務がある。

管工事施工管理技士(1級・2級)
施工管理技士国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。 施工管理技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。

浄化槽設備士
浄化槽設備士とは、浄化槽を施工する際の施工図の作成や施工管理などを管理・監督することができる専門家を認定する環境庁管轄の国家資格。浄化槽施工業者は、営業所ごとに浄化槽設備士を置くことが法律で義務づけられている。

空気環境測定実施者
空気環境測定実施者は、ビル等の建築物において、浮遊粉じんの量などの空気環境の測定を行います。空気環境測定実施者の資格は、建築物環境衛生総合管理業の登録の人的要件の一つでもあります。